ご希望の高校・高専情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
高校・高専
トップページへ戻る
トップページへ戻る

夏の高校・高専情報

高校の部活、ダンス部は夏の全国大会で盛り上がる



高校の部活であるダンス部は、夏の公式全国大会での優勝を目指しているところが多くあります。有名な高校ダンス部ともなれば、テレビ番組などで取り上げられ、全国で話題にもなる程。大会は、通常のダンスイベントとは違い、ダンスレベルのみならず構成や音楽、衣装も採点基準になっています。高校の部活ならではの審査基準もあるダンス大会とは、どのようなものでしょうか。

高校の部活、ダンス部夏の公式全国大会とは

高校の部活、ダンス部夏の公式全国大会とは

高校のダンス部が目指す公式全国大会に、「一般社団法人ストリートダンス協会」が開催する「日本高校ダンス部選手権 夏の公式全国大会」があります。

創作ダンスやヒップホップダンスなど、ジャンルや地域ごとの大会は開催されていますが、「一般社団法人ストリートダンス協会」が目指しているものは、それぞれの高校のダンス部が交流することによる、技術向上です。そして、それに伴い、ストリートダンスに限らず、様々なジャンルのダンス人口が増えることも期待しています。

大会の概念は、社会で求められるコミュニケーション力と適応力を、ダンスを通じて養うこと。ダンスのレベルを競うだけではなく、ダンスをすることで身に着けた協調性や忍耐力をもって、立派な社会人になることを願っているのです。

大会での演技中は、応援が禁止されていますが、その理由は、大会はダンスイベントではなく、作品の競技会であること。音楽が作品のコンセプトと乖離していないかなども審査対象となっていることから、応援で盛り上がることは、音楽に集中できなくなり、その審査にも影響を及ぼす懸念があるため、禁止されているのです。しかし、演技の前後での応援は禁止されていません。

高校の部活ならではの大会審査基準

「日本高校ダンス部選手権 夏の公式全国大会」はダンス技術のみを競う大会ではなく、ダンスを作品とした音楽や衣装、演出や構成など様々な要素を競う大会です。協会は文部科学大臣賞を預かっており、高校の部活ならではの大会審査基準を設けています。

例えば、選手はダンスチームではなく高校のダンス部に所属していると考えられ、予選会の申込み後から審査が開始。大会当日の喫煙や不正が発覚した場合はもちろん、それまでにも学校や部活での不祥事が発覚した場合も失格となります。これらは、高校生や学校関係者の秩序ある言動を、大会の原則としているためです。

ダンスは、水泳や陸上のようにタイムや記録が出る競技ではありません。そのため、ダンス大会の審査は難しさが伴いますが、エンターテインメント業界に携わる大手プロダクションやテレビ関係者などを審査員に擁立し、ダンサーだけが審査員にならないよう配慮。バランスの取れた審査を行ないます。

各演技が終わるつど点数を付け、審査用紙を回収。こうして演技の順番があとの方が審査に有利ではないかとの懸念を払拭し、審査への公平性を保っています。

高校のダンス部に日本全国が大注目!

大会では公式グッズやパンフレットも販売されており、特に、出場校のプロフィールや選手の名前が掲載されたパンフレットは、売り切れている状況。

また、座席数も足りていませんが、その理由は、演技中の撮影を禁止しており、会場で直接見るしかできないためです。

撮影禁止となっているのは、著作権や肖像権の問題もありますが、すべての学校数の座席を確保することができないため、撮影したくても撮影できない高校が生まれることも理由のひとつ。学校間の不公平感をなくすため、演技中の撮影を禁止しています。

このような「日本高校ダンス部選手権 夏の公式全国大会」は、大会の様子や、出場チームの予選大会からの密着取材などテレビ放映もされており、注目度が高いものとなっているのです。

中でも、過去に何度も優勝や準優勝をしている「大阪府立登美丘(とみおか)高校」は、バブリーダンスで話題となり、音楽番組に出演するなど、全国からの人気を集めています。

ロード中
ロード中
ロード中

高校や高専に入学すると中学生に比べ活動の幅が大きく広がります。夏になると、まず制服が夏服に変わり気分もリフレッシュしますが、汗をかきやすい夏にはこの時期に合わせた制服のお手入れが必要になるので、その方法をチェックしておきましょう。また、夏休みには熱中するものを追いかけたり、将来に向けた活動をしたりする学生がたくさん。その他、大学に進学を希望している学生におすすめしたいオープンキャンパスについても紹介します。

夏の制服のお手入れ

夏の制服のお手入れ

気温が上がり、夏になると冬服から夏服へと制服の衣替えがあります。衣替えは、多くの学校で6月上旬が移行期間。ただし、気温の低い北海道では6月後半以降、気温の高い沖縄では5月後半と、地域によって時期が異なります。

学生服は皺になりやすく自宅で手洗いが難しいためにクリーニングに出してケアをする方がほとんど。しかし、夏場は汗や皮脂が多いからと言って、頻繁にクリーニングに出すことは費用面で考えても現実的ではありません。そのため、自宅で手洗いをしたくなるものですが、生地を傷めてしまったり、色褪せや皺の原因となったりすることもあるので注意が必要です。さらに臭いが気になってしまうことも少なくありません。

自宅で制服をお手入れする方法

夏の制服は、できれば2着以上用意するのがおすすめ。自宅でお手入れする場合にはコツがあります。1日着たら制服を風通しの良いところで干しましょう。制服を休ませることで吸収した臭いの成分を放出させます。もし、毎日着るのであれば、制服を脱いだあとにブラシをかけてゴミを落とし、スチームアイロンをかけるのが効果的。スチームアイロンには、制服に付着した汚れや臭いの粒子を分散させる効果があります。

スチームアイロンでも臭いや汚れが取れない場合

自宅のケアはもちろんですが、スチームアイロンでも汚れや臭いが取れない場合はクリーニング店へ。クリーニング店は、臭いや汚れを落とすプロフェッショナルです。店舗によっては、ドライクリーニングの前に「水洗い」や「汗抜き」を行なってくれるクリーニング店も。夏に悩みの種となる制服に付いた臭いや皮脂をさっぱりと取ってから、ドライクリーニングで仕上げるところも増えています。

大学のオープンキャンパス

オープンキャンパスは、大学が受験生に向けて自校がどのような大学かをアピールするイベント。大学の全体的な説明や、各学科・専攻の教員による説明、個別の相談ブースなどが用意されることもあります。

大学への進学を考えている高校生・高専生にとって夏に必ず行きたいイベントが「オープンキャンパス」。主に高校2年生の夏から参加する方が多いようです。高校3年生になると、大学進学に向けて勉強時間の優先順位が高くなるため、複数の大学のオープンキャンパスに参加する余裕がないのがその理由。そのため、多くの大学にてオープンキャンパスが実施されるのは、比較的時間を取りやすい夏休み時期です。

オープンキャンパスでキャンパスライフをイメージ

中には模擬授業として授業の一部を体験できたり、学食を試食できたりする大学もあります。また、大学卒業後の進路を見据えての就職状況や留学について、教職課程などを個別で説明する大学では、より具体的に自分の将来像をイメージできるでしょう。

大学の雰囲気は実際に行ってみないと分かりません。さらに、オープンキャンパスでは現役の大学生と話す機会もあります。先輩達と話すことで、大学へ入学したあとのイメージが湧きやすくなるので、どんどんと積極的に話しかけてみましょう。

理想の大学探しはまずホームページから

就職など将来に大きく影響する大学の選択には、十分な情報収集が必要。最近は大学だけでなく、進学情報のホームページからも全国のオープンキャンパスの情報を検索できるようになっています。第一志望の学校以外にも、気になる大学があれば、まずはオープンキャンパスをチェック。気になる大学が見つかったなら、オープンキャンパスの日時を調べて参加してみましょう。様々な大学のオープンキャンパスを経験しておけば、通いたい大学の進路選択幅が広がります。

高専ロボコン

NHKの主催する学生の大会のひとつに、「アイデア対決・全国高等専門学校NHKロボットコンテスト(高専ロボコン)」があります。1988年(昭和63年)に始まった大会で、高専生が発想力と独創力を合言葉に、各々オリジナルのロボットを作成し、チーム単位で競い合う大会。2016年に行なわれた全国の高専ロボコンには8ヵ所で開催される地区大会に約120チームが参加し、そこから選抜された25チームが全国大会に進出しました。

無限に広がるロボット開発のアイデア

非常にレベルの高い大会と言われている高専ロボコンの全国大会。競技は毎年変わるため、授業で学んだこと、先輩達のアイデアや知識、経験を活かしながらも、新たな発想や技術でロボットを一から開発しなければなりません。高専生の多くは授業後にコツコツと作業を進めていきますが、期末テストが終わって一日中作業をすることができる夏休みは、開発の要となる期間となります。

ロボコンに熱中したあの夏は色褪せない

ロボコンに出場する高専ではロボコン部が通常あり、夏休みに部の合宿を行なう学校も。夏には大会で使用するボールやブロックなどが届くため、作ってきたロボットの性能を実戦で試すことができます。実際にロボットを動かしてみると思い通りにいかないことや、実戦での問題点が見つかることもあり、そこからロボットを改善していかなければなりません。

高専ロボコンに参加した高専生に感想を聞いてみると、「ロボコンに夢中になった夏は何年経っても色褪せない」という人が多いのもこの大会の魅力です。


高校生にとって夏は大きな節目の時期。特に野球に打ち込む高校生にとって、集大成とも言える夏の甲子園大会があります。また、勉強に励む高校生は、夏期補習で自分の苦手分野を克服し、大学進学を目指します。就職を希望する高校生は、就職活動が解禁される7月からが勝負です。

夏の甲子園大会

夏の甲子園大会

日本国民なら誰もが知る、今や夏の風物詩となっている高校生の大会である「全国高等学校野球選手権大会」、通称「夏の甲子園」。毎夏様々なドラマが繰り広げられ、野球ファンのみならず普段は野球を見ない人までも気になって話題にしてしまいます。この出場権を巡って全国の高校球児は、今まで頑張って練習をしてきたことがよく伝わってきます。

全国のテレビ局やラジオ局では毎日大会が中継され、中でも決勝の試合の視聴率は平日昼間の放送にかかわらず視聴率が20パーセントを超えることもあり、世間の注目度の高さがよく分かります。

出場枠と大会の組み合わせ

夏の甲子園に出場できる代表校を決めるのは、6~7月にかけて行なわれる高校野球地方大会。甲子園大会には原則として、各都道府県から一番強い高校が出場できますが、北海道と東京都のみ2校の出場権利が与えられているため、全国から合計49校が出場します。

全国から集まった野球の強豪校49校ですが、夏の甲子園大会の組み合わせを決めるのが全試合抽選方式。これは大会前に組み合わせ抽選会を行ない、その場で初戦の対戦相手だけを決める抽選方式で、大会開始後は試合終了するたびに勝利チームが抽選して、次の組み合わせを決めていきます。そのため3回戦以降は、選手も応援する側も次の対戦相手が分からないといった、ドキドキハラハラの組み合わせ方式となっているのです。

甲子園の土

夏の甲子園大会では、試合に負けた高校の選手たちが甲子園の土を持ち帰る姿をテレビで見ることがあります。これがいつごろ始まり定着したのかは、はっきりと分かっていませんが、特に最後の大会を終えた高校3年生の選手たちが記念に持ち帰っています。

1年生や2年生は「来年また出場する」、という意思表示であえて持ち帰らないことも多いのです。

夏期補習

夏休みには、学校内で夏期補習を行なう高校も多くあります。特に進学校など大学進学を考える生徒が多い高校では、積極的に推進。

夏期補習の内容は、高校によって細かな違いはありますが、1~2年生の場合、その多くが希望制を採っています。しかし希望制と言えど、進学校の場合は暗黙の了解で全員が申込み、受験生である3年生は参加が必修の高校がほとんどです。

1~2年生は、主に今までの復習に力を入れ、自分の苦手分野の認識と克服に努めます。3年生は受験対策がメイン。もちろん通常の復習メインの補習授業もありますが、受験校が決まっている人や合格率が低い大学を目指す人向けの対策として「特別補習」を行なっている高校もあります。

公立高校では、基本的に補習料金は無料で教材代だけ。塾を併用する人もいますが、無料で補習が受けられる夏期補習は保護者にとっても嬉しいところです。上手に利用して勉強の遅れを取り戻し、大学受験への好スタートを切りましょう。

就職活動

高卒で社会人を目指す高校生の就職活動がスタートする夏。

高校生の就職活動の大きな特徴は、自分で行きたい企業に直接エントリーする大学生の求人とは違い、高校経由で来た求人から行きたい企業を1社だけ選んで、高校を介して活動するところです。

毎年7月1日には求人票の開示が始まり、求人が解禁されます。夏休み前には就職希望先を絞り込み、夏休みの間に会社・職場を見学。夏休み明けの9月には、応募や学校推薦の書類の提出が始まり、9月中旬以降は面接や筆記試験、適性検査などが各企業で行なわれます。基本的に1人1社しか応募ができないため、万が一落ちた場合は、再度応募する企業を決め直すことになります。そのため、9月下旬から追加募集が始まります。

前述のように、基本的に1社に絞り込んで応募する高校生の就職活動。たくさん応募できる大学生よりも、より慎重に自分の進路を決めなくてはいけません。高校では2年生の時期から就職説明会等が行なわれるので積極的に参加し、事前に自分の行きたい進路や企業を決めておく必要があります。


高校生にとって、夏は気温だけでなく心も熱い季節です。その象徴が高校野球の甲子園大会ですが、野球以外でも各地で様々な熱戦が繰り広げられています。そうした高校生が暑さに負けず頑張っているステージを紹介します。

野球以外の甲子園

野球以外の甲子園

毎年夏に開かれる高校野球の甲子園大会は、日本中が熱狂する程の盛り上がりを見せ、夏の風物詩にもなっています。しかし、野球以外の文化、エンターテイメントなどでも高校生たちの全国大会が数多く開かれており、野球と同様に熱い戦いが繰り広げられます。

甲子園球児とともに毎回熱戦が展開されるのが、女子高校野球の甲子園と言われる「全国高等学校女子硬式野球選手権大会」で、毎年8月に兵庫県丹波市で開催されます。この大会でベスト4に入れば、プロ・アマ統一の大会「女子野球ジャパンカップ」の出場権が得られます。文化系では囲碁の甲子園と呼ばれる全国高校囲碁選手権大会が7月に開催され、団体戦と個人戦で高校生の囲碁日本一が決定します。静かな雰囲気の中でも碁盤上では熾烈な戦いが繰り広げられ、プロ棋士も注目する大会です。この他にも、地域をアピールする「観光甲子園」、書道で自分達を表現する「書道パフォーマンス甲子園(全国高校書道パフォーマンス選手権大会)」、高校漫画サークル日本一を決める「まんが甲子園(全国高等学校漫画選手権大会)」、正岡子規や高浜虚子などを輩出した愛媛県で開催される「俳句甲子園(全国高校俳句選手権大会)」などがあります。また、「吹奏楽の甲子園」と呼ばれる「全日本吹奏楽コンクール」は、夏に予選大会があるため、本大会に向けて活動を開始しているものもあれば「映画甲子園(高校生映画コンクール)」、「ものづくり甲子園(高校生ものづくりコンテスト全国大会)」、「パソコン甲子園(全国高等学校パソコンコンクール)」のように本大会が秋に開催されるものでも応募は夏の期間に行なわれるため、計画や制作で夏休みを費やす場合もあります。

中には、古くから行なわれていたり、専門の団体が主催していたりして、格式ある大会もあり、高校生は自分の得意な分野で暑い夏を迎えます。

全国高等学校総合文化祭

全国高等学校総合文化祭

夏の高校生の行事と言えば、高校野球やインターハイなどスポーツの祭典が連想されますが、全国高等学校総合文化祭は、全国の都道府県を代表する高校生が集まり、美術や演劇、音楽などを披露する文化・芸術の祭典です。1977年から始まったこの大会は、「全高総文」とも呼ばれ、文化クラブに在籍している高校生たちの憧れの大会であり、「文化部のインターハイ」とも言われています。開催地は持ち回りで、7月から8月にかけての5日間で開催されます。

全高総文では、演劇、合唱、吹奏楽、美術・工芸、写真、書道、弁論、新聞、自然科学など19の規定部門があり、各都道府県から優秀作品を展示したり、発表したりします。また、規定部門の他に協賛部門が設けられますが、開催県独自の部門であるため、毎回内容が異なります。

大会初日は、総合開会式が開かれ、大会歌の合唱や開催県の演技や演奏などが行なわれます。開会式当日は、全国の高校による合同のマーチングバンドやバトントワリングが開催地中心部をパレードし、清々しく華やかなムードでオープニングを飾ります。また、海外から招聘した外国人高校生も参加しての国際交流活動も実施され、開催地には多くの高校生が集まり、若いエネルギーが躍動します。参加した高校生たちも、他校の演技や作品に熱い眼差しを送り、優秀作品が決定されます。この中で演劇、日本音楽、郷土芸能の3部門の優秀校は、後日、東京の国立劇場で上演するチャンスが与えられます。

高校生たちも短い夏を満喫するかのように、それぞれに大会を楽しんでいます。