ご希望の高校・高専情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
高校・高専
トップページへ戻る
トップページへ戻る

高校情報

高専をテーマにした映画



高専を舞台にした映画に、長澤まさみが主演した「ロボコン」という作品があります。2003年(平成15年)9月に公開されたこの作品は、実際に高専生向けに毎年開催されている、ロボットコンテスト(通称ロボコン)に挑む高専生達の姿を描いた青春映画です。ロボコンという高専生ならではの題材と、実際の高専で撮影されたシーンがあるため、高専生ならさらに楽しめる作品だと言えるかもしれません。ここでは、映画「ロボコン」について紹介していきます。

映画「ロボコン」の概要

映画「ロボコン」の概要

長澤まさみの初主演映画で、1988年(昭和63年)以来、毎年開催されている、通称高専ロボコン(ロボットコンテスト)を題材にした作品です。高専ロボコンとは、全国の高等専門学校の学生達が、開発したロボットを駆使して熱いバトルを繰り広げる大会のこと。映画のストーリーは、2002年(平成14年)に開催された「高専ロボコン2002 プロジェクトBOX」から着想を得たものだと言われており、実際に撮影は徳山高専で行なわれました。

あらすじとキャスト

長澤まさみ演じる葉沢里美は、高専生でありながら、機械のことが全くダメな落ちこぼれ学生です。授業の課題だったロボット製作にも集中して取り組むことができずに1ヵ月の居残り授業が確実に。そんな里美へ担任の図師から、ロボコンの地方大会に出場すれば、補習を免除するという代案を出されます。それを聞いた里美は、期間限定で第2ロボット部へ入部することにします。しかし、部のメンバーは3名のみでした。自分の設計に自信を持っているものの人と接触しようとしない航一、機械工作の腕前を持っていながら、ロボコンに熱くなれない竹内など、ひと癖もふた癖もある面々がそろっていました。地方大会に初戦で敗れてしまったメンバーですが、ロボットのスピードが評価されて全国大会に出場できることに。「どうせ恥をかくだけだ」という周囲の言葉が里美の心に火を付けて、一行は全国大会を目指すことになるのですが…。

登場人物・キャスト

  • 葉沢里美(主人公)/長澤まさみ
  • 相田航一/小栗旬
  • 四谷四郎/伊藤淳史
  • 竹内和義/塚本高史
  • 図師/鈴木一真
  • 笹木(保健の先生)/須藤理彩
  • オババ(旅館の女将)/吉田日出子
  • 豪原/荒川良々
  • 脇田/平泉成
  • 葉沢良行/うじきつよし

スタッフ

  • 監督・脚本/古厩智之
  • 製作統括/植田文郎、古川一博、小松賢志
  • 製作/富山省吾
  • チーフプロデューサー/鈴木律子
  • プロデューサー/宮川洋紀、堀口慎、前田光治
  • 撮影/清久素延
  • 美術/金勝浩一
  • 録音/斉藤禎一
  • 照明/望月英樹
  • 編集/三條知生
  • キャスティング/田中忠雄
  • 助監督/清水俊文
  • 音楽/パシフィック231(蓮実重臣、三宅剛正)
  • 「ロボコン」製作委員会/東宝、小学館、TOKYO FM日本出版販売

ロケ地

撮影は2003年3月~4月にオールロケで実施されました。学校シーンの撮影は、ほぼ徳山高専(山口県周南市久米高城3538)で行なわれており、また合宿や登下校、海岸などのシーンも、山口県周南市とその近辺で撮影されたようです。全国大会会場(周南市総合スポーツセンター)、ボウリング場(徳山スターレーン)など地元の施設も頻繁に登場します。徳山高専の学生や近隣に住む人は、違った楽しみ方があるかもしれません。