ご希望の高校・高専情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
高校・高専
トップページへ戻る
トップページへ戻る

高校情報

高専の学費



「中学校を卒業したら高専へ進学しよう!」と思っていても、やはり気持ちだけでは入学が困難なケースがあります。入学するには試験を突破する必要がありますし、保護者であれば何より気になるのが、学費をはじめとする費用面なのではないでしょうか。高専に通うための必要費用は、大きく分けて授業料(学費)、教科書代、寮費の3つがあります。ここでは、高専生に必要な経費について、学費を中心に分かりやすくご紹介していきます。

学費をはじめとした必要経費

学費をはじめとした必要経費

高専での必要経費を計算するにあたり、最初に考えなければならないのが、授業料です。国立高専の場合、授業料は私立と比較して安いと言われています。2004年(平成16年)に独立行政法人になってから年間6,600円の引き上げがあったものの、運営の大部分が税金でまかなわれているため、年間の授業料は234,600円です(2007年[平成19年度]データより)。さらに公立高校無償化により、3年次までは年額11万8800円の補助金が給付されるため、高専1~3年生の年間授業料は実質約11.6万円となります。高専4~5年生の年間授業料は、通常通り約23.5万円です。また入学金は、84,600円と言われています。なお、私立高専の年間授業料は約80万円と言われています。国立高専と比較すると、割高になっているところがほとんどです。その他、教科書代や寮費についても考える必要があります。

学費の詳細

高専の学費の詳細をまとめると、以下のようになります。単純計算して、公立高校から4年制大学に進学した生徒と比較した場合、高専は19万円分、払う費用が少ないということになります。なお、高専の学生は大学3年生へ編入する場合は、大学1・2年生ぶんの授業料を払う必要はありません。国立大学の年間授業料は、約53万円と言われていますが、高専からの編入は、大学1年生から直接入学した生徒に比べて、全体の学費を削減することができます。

国立高専5年+国立大学2年
入学金8.5万円+授業料11.6万円×3年+23.5万円×2年+入学金28万円+授業料54万円×2年=226万円
公立高校3年+国立大学4年
入学金0.6万円+授業料0円×3年+入学金28万円+授業料54万円×4年=245万円

教科書代

高専で用いる教科書は、専門書も多いため、一般的に高価な傾向にあります。例えば工学系の教科書を購入するには、1冊2,000円~5,000円程度だと覚悟しておいた方がいいかもしれません。なかには先輩から譲り受けたり、寮で捨てられているものを拾ったりして、教科書代を節約しようとする学生もいるようです。また、近年ではパソコンが必要になる高専もあります。各高専により異なるため、購入は入学後でも問題ありません。焦って買わず、じっくり検討して購入すると良いでしょう。

寮費

前記事にもまとめましたが、寮に通うと、年間で約60万円~70万円程の費用が掛かってきます。そこにさらに、授業料などを加味すると、年間で約100万円という数字が導き出されます。

予備校費は不要

一般的に、多くの高校生は大学受験を目指して予備校に通っています。それに対して高専生は、大学に入るためには編入試験を受けることになるため、予備校に通う必要がありません。世間では予備校にかかる費用は、年間50万円~100万円程度だとも言われています。高専生は、大学進学の際にかかる予備校費用をまるごと節約することができるため、費用的にもかなりメリットが多いと言えるのかもしれません。