ご希望の高校・高専情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト高校・高専リサーチ

高校情報

高専の学科 電子制御工学科



電子制御とは、電子の力によって、機械をよりスムーズに動かす技術の総称です。現代社会を支える「ハイテク技術」の中心に位置する学問だとも言えるでしょう。電子制御工学科では、情報や電気電子、機械、計測制御などの多くの分野の知識を学んだうえで、それらを融合させていくスキルを培います。そして、ロボットなどの機構や制御技術はもちろんのこと、頭脳となるコンピュータ応用技術、プログラミング技術に至るまで、幅広く身に付けていきます。ロボットや自動車、家電製品などのシステムを総合的に設計・開発できる技術者や研究者を目指す方は、ぜひ参考にしてみましょう。

電子制御工学科のカリキュラムの特徴

電子制御工学科のカリキュラムの特徴

電子制御工学科では、現代の生産現場に欠かせない「メカトロニクス工学」の知識を身に付けることができます。「メカトロニクス」とは、機械工学・情報工学・計測制御工学・電気電子工学といった4つの専門分野を学習し、それらを組合せることによって、複雑な動作や機能を実現させるものです。日常生活にある電化製品などは、このメカトロニクスの考え方に基づいています。幅広い知識を組立てることで、新製品を生み出す斬新かつ独創的なアイデアが生まれるのです。将来的に生産現場で役立つ、クリエイティブな知識と経験を学べるのが、電子制御工学科のカリキュラムにおける最大の特徴と言えるでしょう。

実践的な知識と技術を重視

電子制御工学科の授業は、様々な分野にわたります。まずは、電気・電子・機械・情報・制御の基礎知識を徹底的に習得していきます。多くの学校では、実際に講義で学んだ理論や知識を活かして応用させる「実践力」を重視しています。やり方をひとつひとつ体で覚えていくことで、知識を自分のものにしていくのです。そのためカリキュラムでも、実験・実習・演習などの実習系科目が大きな割合を占めます。学校によっては、自らのアイデアを具体化できる自律型ロボットを作製したり、作製したロボットの性能を競う「学科内ロボコン(=ロボットコンテスト)」を開催しているところもあるようです。これらの学習を通して、電子制御工学科教育用電算機システムを用いた機械設計や回路設計、制御系設計、プログラミングなど、ロボットの設計製作に関連するコンピュータ演習やシミュレーションも学んでいきます。このように、自らのアイデアを実体化できる「実践力」を身に付けていくのです。

電子制御工学科の主な履修科目

専門知識と総合技術を備えたエンジニアを育成するために、先に挙げたメカトロニクス工学を基礎から応用までバランス良く勉強していきます。

  • 超伝導工学
  • 電子・自動制御
  • 計測工学
  • メカトロニクス工学
  • 固体物性工学
  • 非線形物理
  • 応用数学
  • ロボット工学
  • 情報数理工学
  • 制御工学
  • システム制御
  • 機械制御
  • 画像認識工学
  • 医用画像工学
  • 半導体工学
  • 電子デバイス学 など

※各高専により名称・内容は異なります。