ご希望の高校・高専情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト高校・高専リサーチ

高校情報

高専の学科 建築学科



建築は、人が社会の中で過ごす空間をつくるために、無くてはならないものです。建築学科では、人への優しさや自然との調和を大切にし、生活をより安全・快適・便利に営むことができるよう、理論と応用力をバランス良く身に付けた建築系技術者を育成しています。建築学科の卒業生には、総合建築業や住宅関連企業、建築設備企業、建材メーカーへの就職をはじめ、官公庁で技術者として活躍する道も拓けてきます。建築にかかわる技術者を目指している人はもちろん、美術が得意な人、社会と文化に関心のある人にも向いていると言えるでしょう。この学科の学びの内容には、以下のようなものがあります。

建築学科のカリキュラムの特徴

建築学科のカリキュラムの特徴

高専の建築学科では、建築・インテリア・都市のデザインを考えた、豊かで魅力あるまちづくりの方法をはじめ、地球環境に配慮した室内環境とエネルギーの利用法、地震・災害に強い建築の構造と様々な材料の性質なども学びます。橋梁、河川、地下空間、鉄道、水道などの建築構造物、都市計画や景観デザインといった空間設計やマネジメントにかかわることも学びの分野です。一般的には、低学年でまず、模型作製や製図、コンピュータを使ったデザインの基礎をマスターし、3年次から設計製図の授業がスタートします。CADやCGを多用した実践的な表現の手法を学ぶと同時に、建築計画や都市計画、インテリアデザイン、建築史などについても理解を深めていけるようにカリキュラムが組まれているのも特徴のひとつです。卒業時には、大学で4年間学んだ人と同等である二級建築士の受験資格が与えられます。さらに4年間の実務経験を経ることで、一級建築士の受験資格も与えられます。

計画系・環境系・構造系を包括的に学べる!

学校によっては、日本技術者教育認定機関(JABEE)に認定された「創造性のある建築技術者」を育成するカリキュラムを組んでいるところもあり、計画系・環境系・構造系の専門分野を包括的に学ぶことができます。建築系では、建築に関する様々なデザイン手法を設計演習などで実践的に習得。環境系では、空気や風、光を測定するなどして、持続可能な環境について理解を深めていきます。構造系では、力学法則を応用したシミュレーションなどにより、災害などから人の生活を守る安全・安心な建築について学びます。木造、鉄筋コンクリート造、鉄骨造など様々な構造の建築物について、その性質や壊れにくい建物の仕組みを考えるために、実験やコンピュータ解析を行なうこともあります。

建築学科の主な履修科目

建築学科では、学習目標として、多様化する建築界を取り巻く文化や技術の基礎知識を習得し、住環境、地域、都市環境など建築における様々な課題解決に応用できること。生活環境を豊かにするため創造力や問題解決能力を付けることなどを挙げています。主な学科は以下の通りです。

  • 空間デザイン基礎
  • インテリア基礎
  • インテリアデザイン論
  • インテリア設計
  • 地域都市計画
  • 建築製図
  • 建築設計製図
  • 建築計画
  • 建築史
  • 環境工学
  • 建築設備
  • 環境社会学
  • 環境デザイン論
  • 構造力学
  • 材料力学 など