ご希望の高校・高専情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
高校・高専
トップページへ戻る
トップページへ戻る

高校情報

高専の学科 電気工学科



水や空気と同じように、私たちの生活に、無くてはならない電気について学ぶのが電気工学科です。対象となる分野がとても広く、豊かな社会を築くうえで必要不可欠な技術でもあることから、今後さらに発展が望まれています。そのため、電気工学科では、情報、通信・エレクトロニクス、エネルギーなど、どの分野に進んでも対応できる先端技術・知識と、創造性をかね備えた電気技術者を育成しています。電力・電子・情報関連産業はもちろん、機械、化学、医療、食品分野に至るまで将来の選択肢も多岐にわたり、あらゆる産業で活躍が可能です。人と人を結ぶ多様なシステムや未来を築く電気に関心のある人は、ぜひチェックしてみて下さい。

電気工学科のカリキュラムの特徴

電気工学科のカリキュラムの特徴

電気工学科で学ぶ専門科目には、デジタル放送や光通信などの情報通信技術、情報家電機器などの基礎を学ぶ「通信・エレクトロニクス系」、家電製品の核となる電子回路・論理回路・集積回路の仕組みや動作原理を学ぶ「電気・電子デバイス系」などがあります。太陽光や水素など環境に優しいクリーンエネルギーの発電原理と送電、モーターなどの電気機器・制御の仕組みを学ぶ「エネルギー系」、コンピュータ、システム、ロボットなどを動かすための電子制御やプログラミング技術を身に付ける「情報・制御系」も、電気工学科の学びの分野です。実際のカリキュラムは、電力・電子・情報工学の分野に関することを広範囲にわたって学習し、総合的に技術力を高められるようになっています。企業でのインターンシップや、見聞を広めるための工場見学など、社会体験カリキュラムも取り入れ、グローバルな視野や洞察力、コミュニケーション能力の育成に役立てている学校もあるようです。

低学年から実験・実習を重視

より多くの実践経験を積むために、電気工学科では、低学年から実験・実習を推進しています。コンピュータ教育は1年次から導入されているところもあるようです。高学年になると、電力工学実験、電子工学実験、光通信実験、半導体素子の製作なども実施されます。集積回路をパソコンで設計して実際に製作し、さらに評価も行なうなど、実習形式の授業で、創造力や実践力の向上に力を注いでいるのが特徴です。技術検定試験の対応として、実技指導や補講、模擬試験など資格取得の支援も積極的に行なわれています。

電気工学科の主な履修科目

携帯電話、家電製品、コンピュータなど様々なものに活用される電気のプロフェッショナルを目指す電気工学科では、以下のような学習科目があり、講義、演習、実験を通じて、電気工学の基礎から応用まで、未来を築く電気のことを広範囲に学びます。

  • 電気回路工学
  • 計測工学
  • 電子工学
  • 電子応用工学
  • 電子材料工学
  • 電磁気学
  • 電子回路
  • デジタル回路
  • 制御工学
  • 半導体工学
  • 情報通信工学
  • コンピュータ工学
  • コンピュータ応用工学
  • 情報処理
  • プログラミング
  • 電気機械工学
  • 電力系統工学
  • 電気法規・設備工学
  • エネルギー変換工学
  • 高電圧工学
  • 原子力工学
  • メカトロニクス工学 など