ご希望の高校・高専情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
高校・高専
トップページへ戻る
トップページへ戻る

高校情報

高専の学科 物質工学科



マルチに化学を学ぶのが、この学科です。身の回りにあるほとんどのものは、化学物質でできています。そのため、科学技術の進歩に物質工学が担う役割は大きく、地球温暖化や光通信なども、化学の力が鍵を握っているのです。物質工学科では、化学の基礎知識をより専門的に掘り下げ、日常の中で目にする現象について、なぜそうなるのか、化学反応の法則を学ぶのはもちろん、物質の性質や機能を原子・分子レベルで解明。新しい物質を設計して、日々の生活や産業に役立つ製品の生産にかかわる技術者を育成しています。化学の世界に興味のある人、持続的社会の構築に貢献したいと思っている人、地球と人に優しいものづくりをしたい人に最適な学科です。

物質工学科のカリキュラムの内容

物質工学科のカリキュラムの内容

化学のおもしろさを実感できるように、実験を重視した授業を行なうなど、物質工学科では、基礎学力や応用力、優れた実験技術を身に付けるため、工夫を凝らしたカリキュラムが組まれています。材料、バイオ、環境の三本柱からなる物質工学科のカリキュラムは、化学を主体に、生物学、物理学をはじめ、コンピュータの基礎なども学べる内容です。1年次では、幅広い分野の基礎を学習し、まずは応用力を身に付けた技術者になるためのベースをつくります。化学実験の基礎や化学器具の取り扱いについてしっかりと学び、高学年での応用分野に対応できる力を付けるのも低学年のときです。3年次になると、化学反応や化学物質の物性測定と評価の手法なども学び、自ら考えて実行できる力を高めていきます。4・5年の高学年で実践力に磨きをかけて、さらなるスキルアップを図っていくのが、この学科のカリキュラムの特徴です。

中心科目は講義と実験の二本立て

物質工学科の中心科目は、低学年のときから講義と実験の二本立てになっていて、実験という形で実際に試してみることで、新たな発見ができるのも醍醐味です。基礎理論の確認と実験技術の習得や向上のために、全学年で実験科目が設定され、1年次の段階から様々な実験をしていきます。卒業研究では、講義と実験で得た知識や経験をフルに活用して、新しい材料の合成など未知の課題に挑んだりもします。高等専門学校の中には、4年生後期からは、1年半かけて卒業研究に取り組むところもあるようです。実験・実習や卒業研究によって、実践的能力をはじめ、開発・創造能力を養っていけるようになっています。

物質工学科の主な履修科目

物質工学科では、時代のニーズに合った機能性材料の開発や生産、環境に優しい技術などを確立するために必要な基礎学力と応用技術を身に付け、新しい技術に対応できるようになることを目指しています。学習する内容には、主に以下のものがあります。

  • 無機化学
  • 有機化学
  • 分析化学
  • 環境科学
  • 化学工学
  • 生化学
  • 生物工学
  • 材料工学
  • 情報処理
  • 応用物理
  • 応用数学
  • 微生物学
  • 量子化学
  • 合成化学
  • 触媒化学
  • 材料化学
  • 環境科学
  • 分子生物学
  • 計算化学
  • 安全工学
  • 環境工学
  • 電気化学
  • 物性物理化学 など