ご希望の高校・高専情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
高校・高専
トップページへ戻る
トップページへ戻る

高校情報

高専の学科 機械工学科



ものをつくるための基礎知識や、技術の習得を目指すのが機械工学科です。自動車や飛行機、産業用ロボット、輸送機器など様々な製品を開発・設計する能力と、それらを作り出すために欠かせない、製造技術や生産技術を身に付けることに重点を置いているのも、この学科の特徴のひとつです。新しい時代に向けた技術革新にも対応できるよう、基礎力と柔軟な応用力を持った機械エンジニアの育成に力を注いでいます。

独創的なアイデアで、設計・製作・評価までを一貫して行ない、幅広い分野で活躍できるようになることを目指す、この学科の学びの内容を紹介しましょう。

機械工学科のカリキュラムの特徴

機械工学科のカリキュラムの特徴

機械工学科のカリキュラムは、機械の動作原理、材料・構造・強さ・しくみについて、深く理解できるように設定されています。低学年では、機械工学概論や機械工作学のような機械工学全般の基礎学力を培う授業からスタート。ものづくりの導入として、モーターやスイッチなどの部品もある工学用のレゴブロックを使い、ロボットを組み立てたりする学校もあります。実際に手を動かして頭で考える体験型授業で、ものづくりの基礎を理解できるように工夫されているのが、機械工学科のカリキュラムの特徴です。学年が上がるにしたがって、学びの内容はより専門的になっていき、4年・5年の高学年になると、コンピュータ設計支援法、CAD・CAM・CEA、プログラミング演習などコンピュータ処理の授業や、メカトロニクス、論理回路、ロボット工学のような電気に関する授業も行なわれるようになります。自分たちでアイデアを出してひとつのものを作り上げ、その性能を競技で評価する科目が充実しているのも、大きなポイントです。機械の創造的な設計と開発ができるようにカリキュラムが組まれています。

実践を意識した授業

実験・実習を交えた学習を通して、ものづくりのセンスを磨き、実践力や創造力を高める機械工学科では、工学実験として、様々な実験が行なわれています。4年次になると、これまで学んだ知識や技術の応用として、数人でチームを組み、課せられた仕様に基づいて、ロボットを開発・設計・製作・評価を行なう学校もあります。3次元CADを使った設計とCAEによる強度解析、知的財産権の確認、品質工学を活用した課題の解決、開発コストに関する評価も踏まえた報告書の作成など、より実践的な内容で、ものづくりの全工程をひと通り体験することにより、第一線で活躍する技術者としてのセンスを身に付けます。

機械工学科の主な履修科目

材料、エネルギー、計測制御、生産加工などの知識と技術を、広い分野のものづくりに応用できるようにすることなどを学習目標に、機械工学科の学びには、他にも以下のようなものがあります。

  • 工業材料学
  • 材料力学
  • 熱力学
  • 流体工学
  • 自動車工学
  • ロボット工学
  • 生産工学
  • 機械力学
  • 制御工学
  • 振動工学
  • 電熱工学
  • 計測工学
  • 加工学
  • 機械工作法
  • 機械製作法
  • 工業法規
  • 環境省エネ技術
  • 情報処理
  • メカトロニクス
  • ロボット機構 など