ご希望の高校・高専情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
高校・高専
トップページへ戻る
トップページへ戻る

高校情報

高専の教科 保健体育



高専のカリキュラムは、文部科学省の告示による高等学校学習指導要領が課されていないため、履修内容とそれを行なう学年は、高専ごとに独自のカリキュラム設計に沿って運用されています。しかしながら、3年次までは、高等学校指導要領に基づいたカリキュラムで運営されているケースがほとんどのようです。高専でも、保健体育は必修の一般科目となっていますが、保健体育の授業を、本科各学年にまんべんなく設けている学校もあれば、3年次までに履修を終えるようにカリキュラムを組んでいるところもあります。取り入れ方は、高専ごとにそれぞれ違っているというのが現状です。

高等学校学習指導要領による保健体育の履修目標

高等学校学習指導要領による保健体育の履修目標

2009年度(平成21年度)の高等学校学習指導要領によると、保健体育の履修目的は、「心と体を一体としてとらえ、健康・安全や運動についての理解と運動の合理的、計画的な実践を通して、生涯にわたって豊かなスポーツライフを継続する資質や能力を育てるとともに健康の保持増進のための実践力の育成と体力の向上を図り、明るく豊かで活力ある生活を営む態度を育てる」となっています。高専で行なわれている保健体育の具体的な授業内容について見ていきましょう。

体育の学習目標とその内容

体育科目の学習目標は、「運動の合理的、計画的な実践を通して、知識を深めるとともに技能を高め、運動の楽しさや喜びを深く味わうことができるようにし、自己の状況に応じて体力の向上を図る能力を育て、公正、協力、責任、参画などに対する意欲を高め、健康・安全を確保して、生涯にわたって豊かなスポーツライフを継続する資質や能力を育てる」と定められています(前述の資料による)。高専の体育授業で行なわれている具体的なスポーツは、体操、陸上競技、水泳、バレーボール、バスケットボール、バドミントン、テニス、サッカー、ソフトボール、柔道、ダンスなどです。文部科学省によって、実施内容が細かく定められているスポーツテストもあります。実技テストはもちろん、課題レポート提出などで評価を行なっているようです。

保健の学習目標とその内容

一方の保健科目の学習目標は、「個人及び社会生活における健康・安全について理解を深めるようにし、生涯を通じて自らの健康を適切に管理し、改善していく資質や能力を育てる」と定められています(前述の資料による)。保健の授業で学ばれている具体的なテーマは、「現代社会と健康(健康の考え方、健康の保持増進と疾病の予防、精神の健康、交通安全、応急手当など)」や「生涯を通じる健康(生涯の各段階における健康、保健・医療制度及び地域の保健・医療機関、様々な保健活動や対策など)」、「社会生活と健康(環境と健康、環境と食品の保健、労働と健康など)」となっています。保健に関する身近な問題をテーマに、小グループに分けて、生徒たちに発表をする機会を与え、さらに質疑応答の時間を設けるプレゼンテーション方式の授業を取り入れている高専もあるようです。