ご希望の高校・高専情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト高校・高専リサーチ

高校情報

高校や大学との違い



高専は中級技術者を養成する学校として設立されました。一方、工業高校は初級技術者、大学は上級技術者を養成する学校となります。高専は5年制であるのに対し、高校は3年制、大学は4年制です。高専を卒業すると授与される称号は準学士ですが、大学を卒業すると学士の学位が授与されます。高校を卒業した場合は称号や学位はありません。また国立高専には、5年間の本科のあと、2年間の専門教育を行なう専攻科が設けられています。専攻科を修了した学生は、大学評価・学位授与機構の審査を経て、学士の学位を取得することができます。また途中で高専を退学しても、三年制までの課程を修了していれば、高校卒業相当の資格が得られます。

高専のカリキュラム

高専のカリキュラム

高専での5年間のカリキュラムにも特徴があります。初めの2年間は、主に高校で学ぶ国語や数学、英語などの一般科目を履修します。その中には、テクニカルライティング(科学技術情報などを事実に沿って正確に分かりやすく伝える書き方)や情報処理などの専門科目も一部含まれます。3年次になると、一般科目と、実験や実習、演習、設計製図などの各学科の専門科目は同じ程度になります。4・5年次では専門科目の割合が多くなります。また、卒業後就職し企業で力を発揮するため、4年次でインターンシップを経験させたり、教養教育のための科目を開講したりする高専もあります。5年次は卒業研究に取り組みます。高専生のカリキュラムは、同年齢で授業時間の総数を比較した場合も、高校生や大学生よりも高密度であると言われます。工業高校と大学の中間的な存在として高専があり、高校と大学の7年間で学ぶ内容を、高専では5年間で学ぶと考えると良いでしょう。その他、高専では一般科目や専門科目に関連した資格や検定の受検を奨励しているという特徴もあります。

実習工場と寮の設置

高専のキャンパスの多くは、敷地内に実習工場などの教育研究施設と学生寮を設置しています。これは高校や大学とは違う特徴だと言えます。高専の専門教育では、理論や知識を学ぶ講義と同程度に、実際に手を動かす実験や実習、演習、設計製図、卒業研究などを重視しています。そのために実習工場が置かれており、例として旋盤やフライス盤、プレス加工機、マシンニングセンターなどの設備が備えられています。また、学区などがない高専には遠方から通う学生が多く存在します。寮に入り通学時間を短縮することで、勉強や課外活動などの時間が多く取れる他、寮生活を通して集団生活に慣れ、自立心が養われるなどのメリットがあります。学生寮が学生に恵まれた環境を提供していると言えるでしょう。

教員について

高専の教員は、大学の教員と同じく研究職となり、教員免許が必要でないという特徴があります。一方、高校の教員は教職となり、教員免許が必要です。高専の教員になるには大学卒業資格が最低限の必要条件ですが、授業内容の専門性の高さからも、実際には大学院の修士課程または博士課程を修了し卒業している場合が多いようです。