ご希望の高校・高専情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
高校・高専
トップページへ戻る
トップページへ戻る

高校情報

高専の歴史(設立後)



高専法は1961年(昭和36年)に成立します。1962年には、改正後の学校教育法のもとで最初の「高専」が設置されました。初年度の国立高専としては函館旭川福島群馬長岡沼津鈴鹿明石宇部高松新居浜佐世保の12校が開校。公立高専では都立航空、都立工業の2校、私立は聖橋、金沢、大阪、熊野(現近畿大学高専)、高知(その後廃止)の5校となりました。翌年からも高専の設置が続き、1965年(昭和40年)までの4年間に、国公私立を合わせて54の工業高専が誕生します。そして、1967年(昭和42年)の学校教育法改正で商船に関する学科が制度化され、工業高専とともに国立商船高専5校が設置されました。さらに、1971年(昭和46年)には、国立電波高専三校が加わりました。2014年(平成26年)4月現在、高専は57校あり、国立51校、公立3校、私立3校となっています。

電波高専と商船高専

電波高専と商船高専

国の経済成長を支える中級技術者の養成を目的としたため、高専の多くは工業高専でした。しかし、中には電波高専と商船高専があります。電波高専とは、もともと無線通信士を養成するための無線電信講習所として出発した学校で、60年以上の歴史を持っています。また、商船高専は、船の機関士や航海士を養成するために、海員学校や商船学校などとして明治時代に設立された学校を、改称・発展させてきたもので、100年以上の歴史があります。

高専の女子学生

高専は、発足当時からしばらくの間は男子校でした。そのため、現在でもすべての高専に男子寮が置かれています。しかし、のちに共学とする高専が増え、女子寮の設置や整備が進み、今では多くの高専に女子寮があります。各高専における女子学生の人数は、多くはありません。それでも、2012年(平成24年)から毎年、高専の女子学生たちが、自分たちの言葉で自分たちについて発信するイベント「高専女子フォーラム」が開催されるなど、その能力に注目が高まっています。

高専生の進路の広がり

高専卒業生は、当初ほぼ全員が企業に就職していました。しかし、高専生の受け入れを目的として、1976年(昭和51年)に長岡技術科学大学豊橋技術科学大学が設置され、翌年から編入生の受け入れを開始。これにより、高専生の進路が広がり、また多くの国公立大学が、三年生への高専生の編入受け入れへと動くことになります。

資格の授与と分野の拡大

1991年(平成3年)になると、高専卒業生に対して「準学士」の称号が授与されることになりました。また、工業・商船以外にも分野が拡大され、宇部工業高専に経営情報学科が、福島工業高専にコミュニケーション学科が、富山商船高専に国際情報学科が置かれました。

専攻科制度の導入

1991年(平成3年)からは専攻科の設置も進められました。高専で学んだ科学技術の知識と技能をさらに深めたい学生のために、より高度な技術者教育を行なうのが専攻科です。専攻科を修了し、大学評価・学位授与機構に申請して審査を受けた学生は、合格すると学士の学位を授与されます。高専によっては、特別研究の修了条件として、学会発表を義務づけている学校もあります。また、専攻科の設置にあたり、教員も大学評価・学位授与機構から教育担当能力の審査を受けることになり、一定数の教員が合格しなければなりません。これにより、専攻科の導入が高専生とともに高専教員の意識の向上にもつながったと言われます。