ご希望の高校・高専情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
高校・高専
トップページへ戻る
トップページへ戻る

高校・高専情報

世界の高等教育/中国



中国の教育制度では、日本と同様に6・3・3・4制が採用されています。具体的には小学校6年、初級中学3年、高級中学3年、大学4年となっており、このうちの高級中学が日本でいう高校、つまり中等教育における後期過程に当たります。また、義務教育は小学校6年と初級中学3年の9年間となっており、高級中学は日本と同じく義務教育には含まれません。

高校だけを指す「高中」

高校だけを指す「高中」

中国の高級中学は、日本の普通科高校と同様、普通教育を行なう後期中等教育機関です。略して「高中」と呼ばれるのが一般的です。「高中」というと、つい中学・高校をひとまとめにして呼ぶ日本語の「中高」を連想してしまいますが、「高中」はあくまでも高級中学、すなわち高校のことで、日本の中学校に当たる初級中学は含みません。

中国で高等学校といえば…

中国で高等学校といえば…

中国で高等学校といえば、「大学」をはじめとした高等教育機関のことを指します。そのため、日本の大学入試センター試験に相当するテストも、以前は「全国普通高等学校招生入学考試」という、これもまた日本人にとっては紛らわしい名称でした。現在は「全国大学統一入試」という名前に変わっています。

中国版センター試験、全国大学統一入試

中国版センター試験、全国大学統一入試

「全国大学統一入試」は、中国において、後期中等教育を修了した学生がさらに大学に進学するために受けるテストです。旧称の「全国普通高等学校招生入学考試」を略した「高考」という呼び名が現在も広く使われています。「高考」は、やはりセンター試験同様、全国いっせいに同じ日に実施され、受験生はこの試験の成績をもとに志望する大学を決めて出願します。各大学は、その出願者の中から点数の良い順に合格者を選んでいくのが基本的なシステムです。

「高中」以外の後期中等教育機関

「高中」以外の後期中等教育機関

ここまで、高級中学や大学入試についてご紹介してきましたが、中国には高級中学以外にも下記のような後期中等教育機関があります。

  • 中等専門学校
  • 技術労働者学校
  • 職業中学

高級中学を含め、後期中等教育機関への入学に際しては、各省や自治区、直轄市で統一入試が行なわれます。

中国本土以外の教育制度について

中国本土以外の教育制度について

中国では、香港特別行政区およびマカオ特別行政区において一国二制度が実施されています。これにより、香港、マカオでは高度な自治が認められており、教育に関しても中国本土とはシステムが異なります。

新制度により高校、大学が変わった香港

新制度により高校、大学が変わった香港

香港では2009年(平成21年)に新しい教育制度が導入され、従来の6・7・3制から6・3・3・4制に移行しました。初等教育(小学校)は従来と同じく6年制ですが、中等教育が大きく変わり、前期・後期、各3年ずつとなりました。前期は日本の中学校、後期は高校に当たります。また、従来3年制だった大学は2012年(平成24年)の入学生から4年制が適用され、大学へ進むには「香港中學文氷憑」(Hong Kong Diploma of Secondary Education)と呼ばれる統一試験を受けることになりました。

教育制度が統一されていないマカオ

教育制度が統一されていないマカオ

マカオには、主に広東語で教育を行なう中国系の学校のほか、イギリス系、ポルトガル系の学校などがあります。中国系の学校では小学校6年、初級中学3年、高級中学3年となっており、中国本土と同じく高級中学が日本の高校に当たります。一方、イギリス系、ポルトガル系の学校ではそれぞれ別のシステムを採用しています。