ご希望の高校・高専情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト高校・高専リサーチ

高校・高専情報

オープンキャンパスとは



オープンキャンパスとは、受験生のために大学や専門学校が施設を公開するイベントです。今ではほぼすべての学校が実施するようになりました。各学校が独自に企画をするイベントなので、日程や内容は学校により様々です。パンフレットやホームページでは分からないリアルな学校生活を知ることができ、高校生にとっては欠かせない受験準備のひとつになっています。

オープンキャンパスの内容

オープンキャンパスの内容

一般的には入試ガイダンス、学部説明、キャンパスツアーなどが行なわれます。志望する学校を決めることはもちろんですが、同じ大学でも学部によって別々にオープンキャンパスを実施するので、参加する前に下調べをして興味のある学部を決めておくと良いでしょう。

オープンキャンパスの日程

オープンキャンパスの日程に特に決まりはありません。専門学校などは、一年中実施をしていたり、個別に見学や説明を行なう場合もあります。

大学では、早いところではGWごろから実施します。7月ごろまでは土日を中心に開催され、夏休み期間になると一気に開催する学校が増えます。参加者は圧倒的に高校生が多いので、高校の休みに合わせて多くの日程が組まれています。学生の中には、長期休みを利用して遠方の大学をいくつか回る人も多くいます。

受験準備の第一歩

大学や専門学校はオープンキャンパスに非常に力を入れており、多くの日程を設定しています。また、文系希望者、理系希望者など、志望学部に合わせた内容で実施しています。

一方、受験生にとっては大学生活を知ることができる貴重な機会です。2011年(平成22年)に株式会社リクルートが実施した調査では、大学進学者の94%が高校生時代にオープンキャンパスに参加している、という結果が出ています。1人当たり平均4校強のオープンキャンパスに参加しており、最近の受験生はオープンキャンパスで得た情報などを比較検討することで志望校を決めているのです。

親同伴や低学年からの参加が増加

オープンキャンパスに参加できるのは、受験生だけではありません。最近では高校1年生や高校2年生など、低学年のうちから参加する学生が増えています。中高一貫教育の学校が増え、全体的に大学受験の準備開始が早まっていることからです。

また、親と一緒に参加する人が増えているのも、ここ数年の傾向です。オープンキャンパスでは学費の説明などもあります。また、実際に通っている大学生の生活をリアルに感じられるので、親や保護者がオープンキャンパスに参加することも有益といえるでしょう。

男女の違いを見てみると、女子のほうがオープンキャンパスの参加に積極的なようです。

オープンキャンパスの情報収集

オープンキャンパスの情報は、高校の進路指導室などで入手することができます。行きたい学校や学部が決まっている場合は、その学校のホームページをチェックしてみましょう。ほとんどの学校には独自のホームページがあり、受験生向けの情報を公開しています。また、インターネットにはオープンキャンパスの情報をまとめたポータルサイトもいくつかあります。日程やエリアから探す場合などにとても重宝します。