ご希望の高校・高専情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト高校・高専リサーチ

高校・高専情報

私立高校の教職員



公立高校でも私立高校でも、教員免許を取得しなければ教壇に立つことができない、という点では同じです。しかし、働く環境や待遇面では大きな違いがあります。私立高校にはその学校独自の教育理念があり、教職員もその影響の下で生徒の指導にあたります。

公立高校と私立高校の違い

公立高校と私立高校の違い

同じ高校教師でも、公立高校と私立高校では様々な違いがあります。ここでは、立場の違い、環境の違い、待遇の違いを比べてみましょう。

立場の違い

公立高校の教員は、地方公務員の立場となります。都道府県などで採用が実施され、赴任する学校は採用されるまで分かりません。また、定期的に人事異動が行なわれ、生涯で複数の学校に勤務することになります。

一方、私立学校の教員は民間人となり、採用試験も地域による統一試験ではなく各学校で実施されます。そのため、一度採用されると生涯同じ学校で働くケースが多く、異なる学校で働くためには改めて採用試験を受ける必要があります。

環境の違い

公立高校では、どの学校でも教育内容や校風に大きな違いはありません。学力レベルに違いがあったとしても、学習指導要領にのっとった授業が行なわれ、学校の環境は同じような状態になっています。

しかし、私立高校の場合は違います。学校独自の個性があり、授業自体は学習指導要領が基盤ではあるものの、それぞれの理念にのっとった教育をしています。例えば、難関大学への入学を目指す進学校、スポーツに力を入れる学校、宗教色の強い学校など、それぞれの学校に合った個性豊かな教育が可能なのです。働く教員にとっても、自分に合った学校に採用されれば、独自の個性や理念を実現しやすい環境といえます。

待遇の違い

公立高校の場合、各都道府県などで決められた給与体系に準じます。地方公務員なので、退職金や年金などの福利厚生もしっかり設定されています。

私立高校の場合は、学校ごとに様々です。公立高校よりも好待遇な人気校もあれば、待遇面ではそれほどよくない学校もあります。また、2012年度(平成24年度)の学校基本調査速報によると、学校1校あたりの先生の数は公立高校のほうが多く、生徒数の多い私立の人気高校では特に勤務実態がハードになることもあります。

私立高校で働くためには

私立学校では、学校が独自に採用を行なっています。当然、試験科目や合格基準は学校ごとに異なります。また、私立学校では定期的な採用を行なわず、欠員が出た場合でも紹介などで採用を行なうケースもあります。

指定校制度

私立学校では、学校ごとに教員を募集します。募集方法は、教育課程のある大学に求人を依頼する指定校制度などが多くを占めます。これは、私立学校の求める人材として、校風に合った人間性が挙げられるためです。そのような人材を確保するには、大学や知人関係などすでに確立されているルートを利用する方法が確実なのです。

指定校制度には、学生が求人票を見て応募する方法と、学校の推薦が必要な場合があります。しかし、どちらの場合も応募後に試験があり、面接や筆記試験などをパスしなければなりません。

私学協会を利用する

採用にあたり、各都道府県の私学協会を利用する場合もあります。私学協会には、私学教員適性検査を受けた受験者の名簿が用意されています。欠員が出た学校は、この名簿から採用候補者を選び、採用試験を実施します。まれに、新聞やホームページなどで募集されることもあります。