ご希望の高校・高専情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
高校・高専
トップページへ戻る
トップページへ戻る

高校・高専情報

高校でのその他職員の役割



高校には、教員だけでなく、それぞれに役割を持つ専門的な職員が働いています。学校事務職員など法令によって定義されている職員のほかに、スクールカウンセラーなど比較的新しく導入された職員もいます。また、部活動に外部指導員を迎える例もあり、高校で働く職種は多様化しています。いずれの場合も、授業以外の専門的な分野で学校や生徒を支える役割を担います。

学校事務職員

学校事務職員

学校事務職員の役割は、およそ教員の行なう仕事以外のすべてを担当し、庶務、人事、会計など実に幅広い役割を果たします。また、採用方法は、各自治体によって異なります。

学校事務職員の仕事

来校者への接客や電話の応対などといった、一般企業でいう受付のような役割から、教職員の給与や予算などお金にまつわる業務、物品や施設の管理など、学校事務職員がこなす仕事は多岐にわたります。小学校や中学校に比べて生徒や教員の数が多い高校では、事務長を筆頭に数人のチームで業務をこなします。

授業など直接的な教育活動を行なう教員とは異なる立場ですが、学校事務職員の役割はどれも学校経営において不可欠なものです。

学校事務職員の仕事例

  • 校務運営に関する連絡調整
  • 教職員の給与や旅費に関する処理
  • 福利厚生関係の事務作業
  • 予算の策定、執行
  • 物品、施設の管理、保全
  • 来校者への接客や電話応対

学校事務職員になるには

都道府県立の高校の場合、学校事務職員は都道府県職員の中の一般行政職員として採用される場合が主流です。自治体によっては、学校事務職員などの区分を設けている場合もあります。市立高校の場合も同様に、市の一般行政職員から配属されます。一般行政職員として採用された場合、高校は配属先のひとつという位置づけなので、希望していても必ずしも学校事務職員になれるというわけではありません。

私立高校の場合は、各学校で採用を実施します。採用方法は各学校によって異なりますが、各学校のホームページに求人案内を掲載している場合などがあります。

スクールカウンセラー

近年深刻化をたどるいじめや不登校生徒の問題を受けて、スクールカウンセラーを配置している学校が増えています。2010年度(平成22年度)には全国で約16,000校に配置・派遣され、高校への配置も1,000校を超えました。

学校外の「外部性」を持った専門家として、生徒や教職員にとって頼もしい相談相手となり、また教職員と連携して生徒の自己実現を助ける役割として期待されています。

スクールカウンセラーの仕事

スクールカウンセラーは、生徒の抱える悩みを聞き、カウンセリングを行なう臨床心理の専門家です。基本的に生徒の味方に立ち、友人関係や恋愛のトラブルや悩み、不登校に関する相談など幅広い問題に対処します。

生徒だけでなく、教師や保護者からの相談も増えており、これからの教育現場に必要不可欠な存在となりつつあります。

スクールカウンセラーの仕事例

  • 生徒に対する相談・助言
  • 保護者や教職員に対するカウンセリング・コンサルテーション
  • 校内会議などへの参加
  • 教職員や生徒への研修・講話
  • ストレスチェックなどでの予防的対応
  • 事件・事故などにおける被害生徒の心のケア

スクールカウンセラーの勤務

スクールカウンセラーは非常勤職員で、1校当たり週4~8時間の勤務が現状です。また、その取り組みは各都道府県によって様々であり、スクールカウンセラーの身分が不安定なことや人材が不足していることなど、まだまだ課題が多く残ります。しかしながら、不登校生徒の減少などの効果を上げており、教育現場からも配置を求められていることから、今後における体制の充実が期待されます。