ご希望の高校・高専情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
高校・高専
トップページへ戻る
トップページへ戻る

高校・高専情報

高校の教科課程/理科



高等学校での理科は、中学校と比べてより細分化され、専門的に学ぶことになります。

科目の種類

科目の種類

「科学と人間生活」「物理基礎」「物理」「化学基礎」「化学」「生物基礎」「生物」「地学基礎」「地学」「理科課題研究」で構成されています。

「科学と人間生活」「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」のうち、「科学と人間生活」を含んだ2科目、もしくは「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」のうち3科目を履修することになっています。理系の学生は入試に向けて、「化学」「生物」「物理」なども選択して学んでいくのが一般的です。

科学と人間生活

科学と人間生活は、中学校で学んだ理科を基礎とした科目です。自然に対する理解や科学技術の発展が日常生活や社会に与えてきた影響について、観察や実験を中心にして学び、科学的な見方や考え方を養います。高校理科の入り口であり、科学に対する興味や関心を育てるのが狙いといえるでしょう。

物理基礎

中学校での学習を基礎とし、観察や実験などを通して物理学の基本的な概念や原理・法則を学びます。物体の運動など身近な物理現象やエネルギーについての理解を深め、科学的な見識や考え方を養うのが目的です。「物体の運動とエネルギー」「様々な物理現象とエネルギーの利用」で構成されています。

物理

「物理基礎」で学んだ内容を踏まえて学習していきます。物理的な事物・現象への探究心を高め、観察や実験などを行ない,物理学的に探究する能力と態度を育成。物理学の基本的な概念や原理・法則の理解を深めていくのが目的です。「様々な運動」「波」「電気と磁気」「原子」で構成されています。

化学基礎

中学校での学習を基礎とし、観察や実験などを通して化学の基本的な概念や原理・法則を学びます。「化学と人間生活」「物質の構成」「物資の変化」で構成されています。

化学

「化学基礎」で学んだ内容を踏まえて学習していきます。「物質の状態と平衡」「物質の変化と平衡」「無機物質の性質と利用」「有機化合物の性質と利用」「高分子化合物の性質と利用」で構成されています。

生物基礎

中学校での学習を基礎とし、観察や実験などを通して生物学の基本的な概念や原理・法則を学びます。「生物と遺伝子」「生物の体内環境の維持」「生物の多様性と生態」で構成されています。

生物

「生物基礎」で学んだ内容を踏まえて学習していきます。「生命現象と物質」「生殖と発生」「生物の環境応答」「生態と環境」「生物の進化と系統」で構成されています。

地学基礎

中学校での学習を基礎とし、観察や実験などを通して地学の基本的な概念や原理・法則を学びます。自然を化学、物理、生物の分野から総合的に研究する学問であり、「宇宙における地球」「変動する地球」で構成されています。主に文系の学生が学ぶ理科目となっています。

地学

「地学基礎」で学んだ内容を踏まえて学習していきます。「地球の概観」「地球の活動と歴史」「地球の大気と海洋」「宇宙の構造」で構成されています。

理科課題研究

科学に対する自主性を求めた科目です。学生自身が課題を設定し、探究活動などで用いた方法を活用して個人やグループで研究、発表を行ないます。科学的に探究する能力と態度を育て、創造的な思考力を養うことが目的です。