ご希望の高校・高専情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
高校・高専
トップページへ戻る
トップページへ戻る

高校・高専情報

高校の教科課程/数学



高等学校で学ぶ数学では問題を解くだけでなく、定義や定理の仮定を正しく理解し、論理的な考え方を求められるようになります。

科目の種類

科目の種類

高等学校での数学は「数学Ⅰ」「数学Ⅱ」「数学Ⅲ」「数学A」「数学B」「数学活用」の6つで構成されています。「数学Ⅰ」「数学A」は基礎的な知識、技能を習得することを狙いとしており、「数学Ⅱ」「数学Ⅲ」や「数学B」ではより高度な数学的な資質・能力を伸ばしていくことになっています。特に「数学Ⅲ」ではかなり難解な問題も登場するため、苦手意識を感じる学生も多いようです。

数学Ⅰ

中学校で学んだことの延長上にある基礎的な内容で、高等学校の数学科において「数学Ⅰ」のみ必履修科目となっています。「数と式」「図形と計量」「二次関数」「データの分析」で構成。基礎的な知識の習得や数学的に考察する力を養い、数学のよさを認識できるようにするとともに、それらを活用する応用力を育てるのが目的です。授業では因数分解や集合、二次関数などが登場します。特に二次関数は高等学校で学習する関数の基礎となる、重要な科目です。

数学Ⅱ

「数学Ⅰ」を履修した後に学びます。「いろいろな式」「図形と方程式」「指数関数・対数関数」「三角関数」「微分・積分の考え」の5つで構成されています。

数学Ⅲ

「数学Ⅱ」を履修した後に学ぶ科目。「数学Ⅲ」はかなり高度な内容となり、将来的に数学が必要な専門分野への進路を考えている学生が履修する科目とされています。

「平面上の曲線と複素数平面」「極限」「微分法」「積分法」で構成されています。

数学A

「数学Ⅰ」と並行して、もしくは「数学Ⅰ」を履修した後に学びます。これは進学した高等学校の指導法によって異なります。中学校で学んだ数学の内容を踏まえ、「数学Ⅰ」の内容を補完し、数学のよさを認識できるとともに、それを活用する能力を育むのが目的です。「場合の数と確率」「整数の性質」「図形の性質」で構成され、この3つの項目から2つ以上を履修することになっています。ただし、3項目すべてを指導する高等学校が大半です。

数学B

「数学Ⅰ」を履修した後に学びます。「確率分布と統計的な推測」「数列」「ベクトル」で構成されています。この3つの項目から2つ以上を選択して履修することになっており、「数列」と「ベクトル」を選択する高等学校が多いといわれています。

数学活用

近年新しく登場した科目です。「数学と人間の活動」と「社会生活における数理的な考察」で構成されています。

主な参考書

数学は無数の参考書と共に、苦手を克服するため数々の勉強法が提唱されています。ここでは近年のベストセラーを中心に紹介します。

  • 1対1対応の演習/数学Ⅰ―大学への数学(東京出版、新課程版)
  • 文系数学の良問プラチカ―数学Ⅰ・A・Ⅱ・B(河合出版)
  • 高校これでわかる数学I+A(文英堂)
  • 教科書ガイド数研版 数学Ⅰ(チャート研究所)
  • センター試験過去問研究 数学Ⅰ・A/Ⅱ・B(教学社)