ご希望の高校・高専情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト高校・高専リサーチ

高校・高専情報

高校の制服の歴史



今では当たり前のように身につけ、ファッション性も豊かになっている制服ですが、制服はこれまでどんな歴史を辿ってきたのでしょう。ここでは制服のはじまりから現在に至るまでを追ってみます。

制服のはじまり

制服のはじまり

明治時代初期は学校制度がなく、学びの場としては藩校や私塾が一般でした。特に制服は定められていませんでしたが、和服に下駄姿で風呂敷を持ち、学生帽をかぶるというのが一般学生の典型的なスタイルでした。制服として服装が統一されたのは、1870年代に学習院が海軍式制服を採用したのがはじまりとされています。

制服の普及

学生同士での経済的な格差をなくす、学生としての意識を高めるなどを目的に制服は徐々に広まり、明治時代後期になると、男子の制服は国家主義的風潮と製法の容易さから詰襟型の上着と軍隊式の制帽の組み合わせが主流に。大正中期頃からは、モダニズムの波が広がり、日本にも洋服が普及し始めました。学生服も西洋の要素が取り入れられ、背広型の制服を取り入れる学校も誕生したほか、女子の制服は着物に袴をはく和装から、西洋の水兵服でもあったセーラー服にスカートを合わせる制服が増加しました。

戦中戦後の制服

第二次世界大戦中の1940年(昭和15年)に、勅令で大日本帝国国民服令が公布され「国民服」が誕生。物資の不足から制服も規制されるようになり、1942年(昭和17年)からはこの国民服が全国共通の通学服として用いられることになりました。男子は国民服に戦闘帽、ゲートルを着用。女子はスカートが禁止され、セーラー服にもんぺ姿というスタイルになり、従来の学生服は徐々に姿を消していきました。

制服の復活

戦後には規制は撤廃されましたが、物資不足が続いたため、従来の制服を着用できる生徒はほとんど見られませんでした。その後経済が回復するとともに、制服も復活の兆しを見せ、1960年代以降にはヨーロッパのファッションの影響により、制服もファッション性が重視されるようになりました。「ラッパズボン」と呼ばれる裾が広がったズボンや、「マンボズボン」「スカマン」「長ラン」「ボンタン」など、マンガやドラマの影響から変形学生服が登場したのもこの頃です。

制服の多様化

1980年代からは、学校側の変形学生服対策や、学生服メーカーの方向性の変化などにより、ブレザー型へと変更する高校が急増。従来の紺、黒系統から明るい色が増え、斬新なデザイン、チェック模様のズボン、カラフルなリボンやネクタイなど、大都市圏の私立高校を中心に、ファッショナブル制服を導入することが流行しました。

近年の傾向

管理教育の見直しや、個性の抑圧につながるといった理由から、制服を廃止する高校は1970年代から登場し、現在も私服化の学校が増え続けていますが、私服通学の高校では志願者が減少しているケースも見られます。他校の制服を購入して休みの日に着用するなど、最近の制服はファッションとしても好まれ、このような現象はフランスのファッション誌で特集が組まれたり、バンコクで日本の制服のファッションイベントが開催されるなど、海外でも注目を集めています。