ご希望の高校・高専情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
高校・高専
トップページへ戻る
トップページへ戻る

高校・高専情報

高校の志望校の選び方



「青春時代」ともいえる高校生活は人生においても大変貴重な時期。有名校や進学校など、評判だけではなく、自分が有意義な高校生活を送れるような学校を選びたいものです。入学してから無駄な時間を送ることのないよう、志望校選びは慎重に行ないましょう。

志望校選びのポイント

志望校選びのポイント

義務教育ではない高校は、自分の意志で通う教育機関であり、高校受験というハードルを乗り越えて入学するものなので、まず一番のポイントは「入れる高校」ではなく、「入りたい高校」を見つけること。入りたい高校といっても、無理をして難関校に入学して、学力についていけない場合や、校風が自分に合っていない場合もあるので、自分の能力レベルだけでなく個性に合っているかも選ぶ際に考慮すべき点です。最近は選択の幅が広がっていますので、大学進学を目指すなら普通科、特定の専門分野を学びたいなら専門学科、好奇心が旺盛で、あらゆるジャンルの学業を学んでみたい場合は総合学科など、将来の目標がある人や、やりたいことが決まっている人はそれに適した学校を選ぶと良いでしょう。その他にも下記のポイントをチェックして、失敗しない志望校選びの参考にしてください。

おおまかに枠を決める

中学校に比べ、高校は数が多いだけでなく、下記のように様々なタイプの学校があります。まずはそれらを基準にし、入学したい高校のジャンルを絞り込みましょう。

  • 国・公立高校
  • 私立高校
  • 共学校
  • 男子校・女子校
  • 進学校
  • 部活重視校
  • 自由な高校
  • 専門科
  • 総合学科

早めに動く

入学するには高校受験が必要となりますが、目標校があれば、受験勉強のやる気とエネルギーにつながります。気になる高校が見つかったらすぐにでも学校のホームページを見たり、パンフレットを取り寄せるなどして、学校の概要を調べましょう。学力レベルは学習塾がランキング表を発表していて、偏差値や内申点の合格ラインなど、最新情報が掲載されています。複数の高校を比較しながらさらに絞込み、受験勉強を効率的に行なうためにもなるべく早めに志望校を決めることが理想的です。

学校見学は必須

どんなに理想の高校が見つかっても、入学してから雰囲気や校風が自分に合わないと高校生活の楽しさも半減してしまいます。ある程度志望校の目安が決まったら、実際にその学校に足を運んでみましょう。資料やデータでは分からない学校そのものの空気感、先生や生徒の雰囲気を実際に感じ取ることができます。また、毎日通うことになるかもしれないので、駅からの道のりや電車の本数など、交通の便もチェックしておきましょう。

選ぶ際の注意点

進学校が希望の場合

進学率の良い学校を選ぶ際、その高校から大学への合格実績を参考にしますが、このとき注意したいのが合格実績における国立大学と私立大学の内訳です。私立大学は一人の受験者が複数の大学や学部を受験できることから、複数合格すると、その数も合格率として換算されるため、国立大学の合格者をチェックする方が確実です。また、理系の大学に強いのか、文系の大学に強いのかも確認しておきましょう。

大学付属高校の場合

大学受験が必要なく、付属の大学に進学できるのが付属高校の魅力ですが、ほとんどの学校で100%進学できるとは限らないのが実情です。まずは内部進学率をチェックし、学校説明会などで希望の学部に進めるのかなどを詳しく話しを聞いておく必要があります。