ご希望の高校・高専情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
高校・高専
トップページへ戻る
トップページへ戻る

高校・高専情報

高等専門学校



一般的に「高専」と呼ばれる高等専門学校は、専門的な教育を中心とする機関ですが、高校の専門学科や専門学校とは異なります。高等専門学校の特色をまとめてみました。

高専とは

高専とは

1962年(昭和37年)、「深く専門の学芸を教授し、職業に必要な能力を育成すること」を目的とする高等専門学校が日本で初めて誕生しました。主に国が管理する国立学校で、中学校を卒業した課程で入学できる教育機関です。高校と違い、就業年は5年間(学科により5年以上もあり)。主に工学や技術系の専門教育を施す学校が多く、実践的な技術者を育成します。

高専の特徴

中学校や高校は中等教育機関に分類されていますが、高等専門学校は大学や短大と同じグループの高等教育機関です。校名を英語表記する場合も、「College of Technology」と記されます。高校で学ぶ一般分野や副教科(国語や数学、英語、体育や音楽など)に加え、大学レベルの専門分野を5年間で習得し、卒業後は準学士の称号を取得できます。この5年間は高校と短大の通学期間を合わせた期間相当ですが、途中に大学受験をする必要がないので、無駄がなく効率的な教育を受けられるのが魅力です。

また、ほとんどの学校には高専卒業生を受け入れ対象にした2年制の専攻科が設置されていて、専攻科卒業後は学士の学位を取得できるうえ、大学院に進学できるのも大きな特徴です。そして、就職希望者に対する求人率は常に高校、大学を大きく上回り、就職率はほぼ100%を誇っています。

授業の特色

低学年から専門科目の基礎教育がはじまり、5年間で高度な専門知識や技術を身につけることができる一貫教育体制をとっています。標準的な総授業時間数は、高校と短大を合わせた時間数を大幅に上回るうえ、専門科目の履修時間においては4年制大学の総時間数を超えています。授業では実験や実習を重視し、5年生になると大学と同じように卒業研究もあります。その一方で、一般科目の授業時間数は若干少なめであることから、専門科目に厚く、一般科目に薄いのが特徴といえます。

専門学校との違い

専門学校には、中学校を卒業してから入学する専門学校と、高校を卒業してから入学する専門学校がありますが、修業年限は1年以上。主に、就職のためや実際の生活に必要な力を育てることを目的とし、実務教育を行なうのが趣旨になります。高専と異なり、卒業をしても短大卒や準学士の資格は得られません。

受験

入学試験は国立の場合、同じ日に同じ問題にて一斉に行なわれるため、複数の学校を受験することはできませんが、公立高校と私立高校のそれぞれを受験することは可能です。試験内容は入学後に専門性が必要となるので、理数系など各学校が特化した受験科目に重点を置くケースが主流です。

高専の最近の傾向

少子化や理数離れ、大学進学希望者の増加に伴い、年々志願倍率が減少し、学校によっては定員割れにより2次募集を行なうところもあります。教育機関全体から見ればマイナーな存在であるため、社会一般の認知度は低いものの、卒業生の就職率や求人倍率は低下することなく、工学系専門教育の分野、あるいは卒業生を受け入れている産業界においては、現状においても一定の評価を受けているものと見られています。