ご希望の高校・高専情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト高校・高専リサーチ

高校・高専情報

国立・公立高校



中学校卒業後の進学先として主流なのが高校ですが、都立や府立、県立を総称した公立高校をはじめ、私学とも呼ばれる民間設立の私立高校、その中でも全日制や定時制、通信制といった開講スタイルの異なる高校や、高等専門学校といった専門教育に重きをおいた高等教育機関など、高校ひとつをとってもその種類も多種多様です。こちらでは、国立・公立高校とはどのような高校かをみていきます。

国立高校とは

国立高校とは

名前の通り、国が設置、運営をする高校ですが、国が直接運営しているのではなく、国立大学法人と独立行政法人国立高等専門学校機構といった団体が運営しています。

特徴

国立大学付属の高校が主流で、教育内容は文部科学省が示すプランが基本となります。このプランは、基礎学力や質が高い教育を受けた生徒の実験結果が基になるので、いわゆる英才教育風のスタンスが特徴。クラスは少人数制で個人指導や成績管理も充実しています。生徒の教育はもちろん、「教育研究開発機関」としての一面も持ち合わせ、大学の教育系学部からの学生を自習させたり、教育学部と連携した新しい教育の試みを実施したりという実験的ケースも多くみられます。付属の大学では特別優先システムが設けられておらず、学校推薦か一般入試が必要です。

公立高校とは

公立学校の設置者は大きく分けて都道府県立、市町村立、組合立(特別地方公共団体の組合による設立)があり、地方公共団体の教育委員会や教育庁が管理を行なっています。県内において学力などに格差が生じることが無いように、都道府県が設置しているケースが主流といえます。

特徴

公立高校は、原則的にその都道府県に在住している者しか受験できません。また、県によっては学区制があり、地域によって受験できる学校が限られています。

公立高校を大きく分けると、普通科と専門学科に分かれますが、最近は普通科目と専門科目の多様な科目の中から自分の得意分野や進路希望に合わせて科目を選択できる総合学科の高校も増えてきています。

授業料はその自治体によって統一されていて、施設費などもほとんどかからないため、私立高校に比べると学費が安いのも大きな特徴です。

両校の学習スタイル

進学校では1~2年は共通の授業を行ない、3年目は進路によりクラス編成をする学校もあります。学校によっては大学・短大への推薦枠が多く確保されている場合もあるので、成績が良ければ大学進学もスームズになります。

生活面

自主性が尊重され、比較的規則も緩やか。私服通学が許されているのも国公立校に多く見られます。

入学試験

推薦入試と一般入試による入学があり、一般入試の場合、基本的に、国立、公立それぞれ同日に入学試験が行なわれるため、別々に受験することはできません。試験の内容も同じ問題で行なわれるのが主流ですが、最近では各学校で作成された独自入試も徐々に増加しています。従来の5教科5科目として出題される場合のほか、受験生の表現力が問われる作文問題などバラエティ豊かで、受験勉強で培われた画一的な学力だけでなく、受験生の個性的な能力や応用力も見出せるメリットがあります。